アフターピルの写真

アフターピルの存在をご存じですか?避妊に失敗した時に使えるピルとなっていますので、不安な方はバックなどに常備しておくと便利だと思います。アフターピルは病院に行かなくてもネットで簡単に購入できます。

アフターピルで避妊が成功した印と避妊効果の低下

アフターピルは、性行為後でも避妊効果を得られる有効な方法として知られていますが、服用する時間によっては効果が低下してしまう可能性もあります。出来るだけ早く服用することが大切なので、必要な場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。

通常、アフターピルは性行為から72時間以内であれば避妊効果を得られるとされています。ただ、72時間に近づけば近づくほど効果は低下し、妊娠してしまうリスクもゼロとは言い切れません。12時間以内に服用した場合は効果が非常に高く、ほぼ確実に避妊が成功するのでできるだけこの時間内に薬を飲むようにしましょう。
避妊が成功した場合、アフターピルの服用から3日後以降に消退出血と呼ばれる出血が起こります。これがサインとなっており、人によっては1週間以上かかることもあります。ほとんどの人が3週間以内には消退出血が起こるので、この期間内に出血が起きなかったら避妊に失敗している可能性もあります。もし3週間を超えた場合は、妊娠検査薬で確認してみるようにしましょう。また、一見消退出血のように見えても、実は妊娠したことによる不正出血であるケースもあります。出血したのになかなか次の生理が来なかったり吐き気や微熱が続くなどの体調不良を感じる場合は、同じく早めに妊娠していないか検査したほうが良いでしょう。

また、アフターピルの服用から3日経過していないのに出血が見られた場合は他の婦人科系の病気が考えられます。今回でなく以前の性行為で子宮外妊娠している場合も出血が見られることがあり、こういった場合は病院できちんと検査と治療を受けなければ命に関わることもあります。3日以内に少しでも出血が見られた場合は、悩まずにできるだけ早く病院へ行くようにしましょう。