アフターピルの写真

アフターピルの存在をご存じですか?避妊に失敗した時に使えるピルとなっていますので、不安な方はバックなどに常備しておくと便利だと思います。アフターピルは病院に行かなくてもネットで簡単に購入できます。

アフターピルの種類とドラッグストアでも購入できるか

ピルには低用量ピル(経口避妊薬)とアフターピルの2種類があります。どちらも避妊薬ですが、低用量ピルが日頃から日常的に服用することで、継続した避妊効果を出す薬であるのに対し、アフターピルは緊急用の避妊薬であるという点に違いがあります。ですので、アフターピルを使用するのは、例えばコンドームを着用せずに性行為をしてしまった、または着用していたが破れてしまっていた、望まない性行為を強要されたなどの場合に、緊急避難的に用います。海外ではドラッグストアなどで購入できますが、日本では、アフターピルも低用量ピルと同じように医師による処方箋が必要であるため、ドラッグストアなどで購入することはできません。ですので、アフターピルが必要になった場合は、できだけ早くに産婦人科やピル専門外来などの医療機関を受診する必要があります。アフターピルには、プラノバール錠(ヤッペ法)、レボノルゲストレル錠(LNG法)の2種類があります。プラノバール錠は行為のあと72時間以内(3日以内)に服用することで効果が得られますが、新緊急避妊薬とも呼ばれているレボノルゲストレル錠の場合は、120時間以内(5日以内)であれば避妊効果が得られるため、プラノバール錠では間に合わないような時に用いられる事も多くなっています。また、避妊効果もプラノバール錠より高く、副作用も起こりにくいと言われています。どちらのピルでも、性行為後できるだけ早くに服用することで避妊率が高くなります。理想的なのは12時間以内の服用とされています。ですので、緊急避妊の必要を感じた時には、ドラッグストアをあちこち回るのではなく、恥ずかしがらずにすぐに医療機関を受診することが望ましいのです。